2014年12月18日

12/18/2014
スポンサーリンク

はじめに



パチンコの勝ち方は覚えたのに、勝てない人の大きな特徴を一つあげるとすれば、それはおそらく「軍資金が足りない」からだとおもいます。

そもそもパチンコの軍資金はどのくらい必要になるのでしょうか?
いくらあれば軍資金を切らさないで勝ち続けることができるのでしょうか?

今回の記事では「理論上必要となる軍資金の金額」について、初心者のパチンコファンの方にも分かりやすくお伝えしようとおもいます。

理論上必要となる一日の軍資金

理論上必要となる軍資金の金額は、ボーダーラインの計算方法でも出て来た、持ち玉比率と大きく関係しています。

持ち玉比率とは、一日打つとどれだけ持ち玉(大当たりで獲得した出玉)で回せるかという数値ですよね。
ということは、理論的な投資金額は機種(初当たり確率)と回転率だけで決まってしまいます。

その「現金投資が必要な回転数」を計算する公式が、

初当たり確率 ÷ 0.63 = 現金投資が必要な回転数

AKB48バラの儀式の初当たり確率は1/199です。なのでAKB48の場合は、

199÷0.63=315.8730158730158

AKB48バラの儀式を一日打つと、理論上では現金で約316回転まわすということになります。

つまり、316回転まわすのに必要な金額が、すなわち理論上必要となる一日の軍資金になります。

仮に1,000円あたりの回転率が18.5回の場合、

316÷18.5=17.08108108108108枚

約17枚の千円札を使い316回転まわすことができます。
ということは、17,000円が理論上必要となる一日の軍資金になります。

この17,000円は、初当たり確率が1/199の機種、回転率が18.5回で、長い目で見た場合の平均的な一日の現金投資金額となります。

ただ、この金額も十分参考になる。
あくまでも理論上の軍資金を計算してるのであって、ボーダーラインのような重要な数値ではないからです。

軍資金を計算する場合の回転率は、ボーダー以上になる程度の任意の数値で計算しましょう。

理論上必要となる一ヶ月の軍資金

そしてここからが重要。
AKB48の場合、平均的な一日の投資金額は約17,000円とわかりました。しかし、パチンコは確率上のゲーム、一日単位ではツキ(運)に左右されます。

三日連続で大ハマりすれば、二十万円という金額は一瞬で消えることもある。
その為に、極度の不ヅキにも耐えられる期待値を稼ぐことがとても重要です。
高い期待値を一ヶ月間稼働して稼げば、一ヶ月でのトータル収支は95%前後でプラスとなります。

ということは、一ヶ月間凌げるだけの軍資金があれば良いのです。
一日平均17,000円は現金投資に必要となるので、

17,000円×30日=510,000円

AKB48のようなライトミドル(1/199)機種で一ヶ月間稼働する場合、
軍資金を切らさないで勝ち続けることができる理論上の金額は、約51万円(4円パチンコの場合)となります。

軍資金に合わせて機種選び

ただし、これがミドルタイプ(1/300)、マックスタイプ(1/399)となると、必要となる理論上の軍資金は大きく変わって来ます。

マックスタイプなら一ヶ月間の軍資金は百万円、ミドルタイプなら八十万円〜九十万円は必要になります。
あくまでも「投資する」理論上の軍資金なので、一ヶ月後に丸々軍資金が全て消えることはありません(当然ボーダー以上の台を打つことが前提)
一ヶ月稼動して大当たり0回なんてことはありませんので。笑

不ヅキが続いても、確実に種銭を切らさない金額の目安として考えて下さい。

軍資金が二十万円しか用意できない人は甘デジタイプ(1/99)だけを打ち、
一ヶ月ごとで確実に収支を伸ばし、軍資金が貯まって来たら、ライトミドル、ミドルタイプ、マックスタイプと徐々に上げていくようにしましょう。

少ない軍資金しかない場合、間違っても、期待値四万円超えのマックスタイプの台を見つけたからと言って、安易に手を出してはいけません。
確率分母が大きくなる程、一日単位でのハマる確率も大きくなります。
ハマれば軍資金は大きく減ります。少ない軍資金で一度でも大きなハマりに遭遇すると、以後、種銭を切らす恐れがあります。

冷静な頭でリスク管理をすることはとても大事です。忘れないようにしましょう。

1円パチンコの軍資金

低貸専門店などで、1円パチンコを打つ場合、理論上の軍資金を1/4にした金額が種銭を切らさない為の軍資金となります。

マックスタイプだけを打つ場合、約25万円、ミドルタイプだけを打つ場合、約18万円、ライトミドルタイプだけを打つ場合、約12万円、甘デジタイプだけを打つ場合、約6万円となります。

4円パチンコと1円パチンコを比較するとだいぶ軍資金的にも軽減されますね。

また、1円パチンコで負けない為には、ボーダープラス二回転以上の台だけを打ちましょう。
ボーダープラス二回転以上なら、年間トータル収支は90%を軽く越える確率でプラスとなります。
最低ラインとして、ボーダープラス二回転以上を目指し稼動してみて下さい。

年間収支の勝率に関しては、
パチンコ年間収支と勝率 | 確率分布でわかる一回転の重みの記事も参考にどうぞ。

期待値二万円以上を目指す

4円パチンコの場合、期待値は一日平均二万円以上の台を、最低二十日間フル稼動しましょう。
不ヅキが続くようなら稼動日数を上げて、一ヶ月間でのトータル期待値(仕事量)を六十万円以上積むことが、月単位で安定して勝つ為のコツになります。

このくらいの期待値を一ヶ月間で積めば、仮に極度の不ヅキに遭遇しても、チャラくらいにはなるので、翌月も軍資金を減らさず勝負することができます。

期待値と不ヅキについては、
期待値を積み不ヅキを補う | 正攻法で負けないパチンコの記事も参考にどうそ。


まとめ

パチンコは一日で勝負できるゲームでありません。その為、必要となる軍資金は前以て把握しとく必要があります。
これを把握せずに毎日パチンコを打つと、種銭切れとなり、以後稼動ができなくなることもあります。

結果的に少ない軍資金から勝ち続けてうまく行く場合もありますが、リスクを考慮することが一番重要です。
確実に行くなら必ず軍資金を目標金額まで貯めてから、正攻法な実践をしてみて下さい。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿