2014年12月24日

12/24/2014

はじめに

2014年に出たパチンコ機種で、一番甘くて一番勝てる機種はCR牙狼金色になれで間違いない。

理由は単純で、技術介入による止め打ち(捻り打ち)、大当たり中のオーバー入賞狙い(ワンツー打法)で出玉関係をがっつり増やせるから。

攻略要素が多く、玉増やし効果が高い機種選びをすることは、パチンコの勝ち方の基本です。

そんな牙狼金色になれの釘攻略第一弾、台選びで一番重視すべき釘読みポイントを今日はお伝えします。

大事な説明が多いので、数回に渡り書きたいとおもいます。

スポンサーリンク

玉のこぼしポイント

パチンコCR牙狼金色になれの一番重視すべき釘読みポイントは「玉のこぼし箇所の幅」です。



玉のこぼしポイントは二箇所。
赤色の線の幅が広ければ広い程、「無駄玉」となる玉が多くなります。

この幅が狭い台、或いはノーマル調整の台を探しましょう。特に右側のこぼしポイントの箇所はもっとも重要ですので覚えておきましょう。

命釘の幅(サイズ)、風車の傾き、寄り釘(ハカマ)、道釘も当然大事なのですが、牙狼金色になれでは「玉のこぼし箇所の幅を優先的に台選び」すると良いです。

玉が大外に流れやすい

何故、玉のこぼし箇所の幅を優先的に台選びをするかと言えば、
牙狼金色になれは玉を発射すると、釘のゲージ(配列)上、玉が大外に流れやすいという大きな特徴があります。



大外に流れた玉は玉のこぼしポイント箇所に絡みやすくなります。

大外に玉が流れ易くこぼしポイントに玉が集中しやすいので、こぼしポイントの幅が広いと「無駄玉」となる玉が増えます。

無駄玉とは、命釘(ヘソ)に絡むことがない玉のことです。

例え命釘(ヘソ)が開いていても、寄り釘(ハカマ)、風車、道釘が良くても、こぼしポイントで「無駄玉」となる玉が多くなれば見た目以上に回転率が悪くなります。

仮に1,000円分で250個の玉を発射したとする。

ヘソの幅が多少開いてても、この内「35個」の玉が「無駄玉」となれば、実質1,000円分で215個の玉で遊技してるのと同じことになる。

つまり、215個の玉しか寄り釘、命釘に絡みません。

ヘソの幅が多少足りなくても「無駄玉」となる玉が「5個」なら、実質1,000円分で245個の玉で遊技してるのと同じことになる。

つまり、245個の玉が寄り釘、命釘に絡みます。

この場合その差は1,000円分で30個。

ヘソは多少開いてるけどこぼしポイントで30個の玉を損してる台と、
ヘソは多少足りないけどこぼしポイントで5個の玉しか損しない台を天秤にかけた場合、

多少のヘソの幅の差であれば、後者(命釘の幅は多少足りないけど無駄玉は少ない)を台選びに選択したほうが回転率は良くなります。

30個の玉が有れば2回転前後回すことができる。

つまり1,000円あたり30個の玉をこぼしポイントで失えば、本来のポテンシャルより2回転前後回転率が落ちるということになります。

命釘(ヘソ)の開き具合から1,000円あたり19回まわるとおもっていても、こぼしポイントで30個の玉をロスしたら1,000円あたり17回しかまわらないということです。

命釘(ヘソ)があまり開いてないから1,000円あたり16回しかまわらないとおもっていても、こぼしポイントでロスする玉が少なければその分ヘソに絡む玉が増えるので、見た目以上に回る(回転率にして1回転〜2回転)こともあります。

無駄玉となる玉の数は数える

こぼしポイントで「無駄玉」となった玉の数は必ずカウントするようにしましょう。

意外とこれを数えない人が多いです。

1,000円平均で何個の玉が「無駄玉」となったかを把握することは、台の本来のポテンシャルを測る上でも非常に有効となります。

ずっとこぼれ玉の数を数えるのも大変なので、5,000円分くらいのサンプルを取るようにする。
これだけでも十分参考になる数値になるかとおもいます。

その時、カチカチ君やカンタ君などでカウントすると楽で良いです。

まとめ

CR牙狼金色になれは大外に玉が流れやすい分、こぼしポイントで玉をロスする比率が他の機種に比べ非常に高くなります。

それだけに、牙狼金色になれではこぼしポイント箇所の釘幅を見ることは絶対に必須となる。

これを疎かに台選びをすると、おもったより回らないという状況に陥りやすいです。

店側も間違いなくこぼしポイントの箇所は一番効果的な調整ポイントとして、多くの台をマイナス調整にしてきます。

逆にこぼしポイントがノーマル調整、プラス調整であれば、イベント時(還元日)で命釘(ヘソ)が開いた時、劇的に回る台となり得ます。

こぼしポイントの釘は命釘と違い頻繁に調整する釘ではないので、前以て全台チェックしておき、イベント時などで命釘が開いた時に狙うとさらに良いでしょう。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿